特集記事
最新記事

「寝る前に食べると太る」という嘘


「寝る前に食べると太るよ」とかって聞きますよね。

有名なダイエット本や健康本にも、寝る前に食べると太る!と書かれている記事をよく見ます。

しかし、最近の研究では、「べつに寝る前に食べても太らないよ〜」といわれているのをご存知ですか?

例えば、おサルさんを使った研究結果で、おサルさんを使った食事を夜遅い時間に摂るか早い時間に摂るかで体重の増減があるかどうかを調査したそうです。

すると、実験結果からは何時に食べるかは体重の増減には関係しないことがわかったそうです。

他にも海外のデータでは、寝る前に食べても太らないという研究結果が多く報告されており、「寝る前に食べると太るは迷信である」という考え方が浸透しているそうです。

確かに、動物は食べて寝て、食べて寝てという感じですよね(笑

でも、すっごい太っていっているって感じでもないです

他にも、デンマークでの2000人以上を対象にしたコホート研究でも、寝る前に食べることと体重増加が関係しないということを結論づけています。

さらにさらに、糖質制限ダイエットをしている人にとっては、衝撃の研究があります!

最近では糖質は寝る前に取った方がいいんじゃないの?という研究もありました。

ちなみに、糖質制限をすると睡眠の質が下がるということはみなさんご存知でしたか?

ある実験では、寝る45分前にGI値の高いお米を食べるとレム睡眠が増えたという研究もあるそうです。

さらに、

総睡眠時間が平均で62分長くなる

睡眠効率8%改善

眠りにつくまでの時間も早くなる

といった、良いことも!

もしかしたら、眠りが浅い方は、無理な糖質制限をしており、かえって眠りにくい状態を作っている可能性もあります

そして、ダイエットのために、夜に糖質制限をすると、糖質が少ない為、睡眠の質が下がってしまいます。

すると、成長ホルモンが分泌されなくなり、かえって脂肪が燃焼しづらい体になってしまう可能性があります。

もちろん寝る前にがっつり食べるというのは、オススメしませんが、寝る前の糖質は悪くはないんじゃないの。ということです

普通に食事をする場合、寝る2〜3時間前に食事を終わらせるようにしましょうと言われていますが、軽い食事であれば、1〜2時間ぐらい前でも良いかもしれないですよ。

サンテビスタのダイエットでも、お伝えさせていただいているのですが、ダイエットにおいて、「何を食べるか」「いつ食べるか」は重要ですが、「寝る前」といった感じのものに関しては別に重要ではありません。

つまり、寝る前に食事を摂ると太るというのは関係なく、寝る前に摂ろうが朝に摂ろうが昼に摂ろうが、あるルールが破られると太る人は太ります。

逆に、ダイエットをされているのであれば、夜軽く糖質を摂って、睡眠の質を高めた方が脂肪が燃えやすい体になりダイエットになる可能性があります。

意味なく、むやみにダイエットをしても、無駄ということですね。

サンテビスタのダイエットは、こういった知識のもと、ダイエットを行ってもらいます。

というよりかは、健康的な生活をすると、徐々に体の体質が変わって、いらないもの(脂肪)が排除される仕組みです。

気になる方は、サンテビスタまで