Please reload

最新記事

最近、低温調理にはまっている、院長の金本です。

(低温調理は体にいいんですよ〜)

そんな中、よく低温調理で作るのは、温泉卵と煮魚とローストビーフ

温泉卵は、ちょうどいい感じでできるし、煮魚は崩れないし、ローストビーフは柔らかくできておススメです

その中で、美容・健康・筋肉の為に、とっても良い食べ物として、今...

美容・健康・筋肉のために、とっても良い食べ物ってな〜に?

July 17, 2019

1/2
Please reload

特集記事

足がよくつる人の原因や対策は?

July 23, 2019

 

 

多くの皆さんが、経験した事がある「こむら返り」などの足がつる現象

 

当院へも、筋肉がひどくつってしまい、痛みが落ち着かず当院へ来院させると言うケースもよくあります。

 

夜とかに頻繁につられる方は、また「つる」のではないかと、睡眠不足になったりされるのではないでしょうか?

 

〜「つる」現象はなぜ起こる?〜

原因は、まだはっきりとは、わかっていません。

色々な誘発原因が言われていますが、筋肉疲労・筋肉不足・栄養不足・病気や薬を服用されている方はその影響など、さまざまな原因が考えられます。

 

筋肉は伸びたり、縮んだりして、体を動かしているのですが、過剰に伸びたり、縮んだりして、無理な動きによって痛めてしまいます。

それを防ぐために、伸びすぎを防ぐ筋紡錘(きんぼうすい)と、縮みすぎを防ぐ腱紡錘(けんぼうすい)の2つのセンサーがあります。

そして、色々な体の調節を行うために、神経が関わっています。

その調節の中に、反射があります。反射は、とっさの出来事から身を守れるよう、意識しなくても瞬時に動けるようになっています。

その反射の中に「伸張反射」というものがあり、姿勢を保つために、特に足の方で発達しているのですが、この反射の不具合や、2つのセンサー特に腱紡錘の働きが低下すると、急に伸びた筋肉を縮めようとして、伸張反射が起こったが、縮みすぎを防ぐセンサーが働かず、不具合を生じて、「つる」という現象が起こっている可能性があります。

 

〜「つる」現象は、どう予防する?〜

起こる前に、ならないようにするための予防がとても重要です。

対策は色々と言われていますが、今回な特に必要じゃないかと思う2点あげていきます!

 

①血流を良くするようにしましょう

原因には、筋肉疲労・筋肉低下などがあげられますが、これらが起こると血流が悪くなってしまいます。まずは、血流が良くなるように心がけましょう。

 

例えば、寝るときの冷え対策で、レッグウォーマーをはくなどはいいと思います。

(※靴下は、逆効果と言われているので、なるべくつま先が出るものにしましょう)

 

 

②栄養をとる

こむら返りが起こる原因に栄養不足があります。

必要な栄養素は、ミネラルと水です。

ミネラルのバランスが崩れると、伝達がうまくいきにくくなり、こむら返りも起きやすく、水分が足らないと、血液の流れも悪くなってしまう為、積極的にとっておきたいですね!

 

ミネラルで、自分がオススメするのは、アーモンド(無塩)です。

ナッツ類は、結構ミネラルが豊富なので、毎日ちょこちょことつまんであげるといいと思います。

 

あと、お肉(赤身の牛肉)などを、あまり食べない人も、なりやすいと言われています。理由として、筋肉の働きに関与する、カルニチン不足が原因だそうです。

75%は食事からの摂取で補充されるそうで、魚や野菜にはほとんど含まれていません。体内で合成されるのもわずか25%だけなので、肉を食べない人は、圧倒的にカルニチンが不足してしまいます。

 

前のブログでも、書きましたが、やはり赤身のお肉はやはり最強ですね!

https://www.miyoshi-taiyou.com/single-post/20190717

 

〜鍼灸治療のススメ〜

自分が推奨するのは、鍼灸師でもあるので、「つる」予防には、やはりお灸です。

足がつる場合は、足にお灸をします。

 

スタンダードは「足三里」と「三陰交」です。

他にも「承筋」「承山」もおススメです!

 

お灸を行うことにより、血流が良くなり、筋肉の緊張も和らぐので、ぜひやってみましょう!

 

〜もしなってしまったら〜

つってしまった筋肉をゆっくり伸ばすようにしましょう!

ふくらはぎの場合は、つま先をゆっくり手前に引き寄せるようにして、ふくらはぎの筋肉を伸ばすと早く落ちついてくれます。

ここで、注意しなくてはいけないのは、つったからといって、急いで伸ばしたりすると、より痛みが強くなったり、筋肉を痛めてしまったりします。

ゆっくり、愛護的に伸ばしていきましょう!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

広島県三次市十日市東1丁目1-6
mail@taiyou-miyoshi.com

Tel: 0824-63-1105

Fax: 0824-63-1105

  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic

アクセスマップ

JR三次駅 徒歩3分

駐車場 8台完備

広島県三次市十日市東の整骨鍼灸院 たいよう 背骨・骨盤矯正、姿勢矯正、産後矯正、交通事故治療、肩こり、腰痛、膝の痛み、スポーツ外傷、むちうち、はり・きゅうの得意な治療院です。

交通事故による、むち打ち・めまい・頭痛・吐き気・腰・膝・首・肩の痛み・自律神経・不安・不眠・整形外科・病院に通院中の方も転院可能です。キッズルームもあるので安心して来院地区:三次市・庄原市・世羅郡・安芸高田市・広島市・東広島市・北広島町・神石郡・府中市・島根県・仁多郡・奥出雲町・飯石郡・飯南町・邑智郡・美郷町・邑南町・赤名・松江