特集記事
最新記事

体幹トレーニング(ドローインポジション&クロスモーション)

ゴールデンウィークに突入しますね!

中には、すでに、ゴールデンウィークに入っている方もいらっしゃると思いますが、今年は、

「STAY HOME」

ですね!

三次市に関しては、だいぶ落ち着いてきたのではないかな?と思うので、このまま落ち着いた状態が続くように、このゴールデンウィークも

「行かない!帰らせない!」

が本当に重要かと思います。

当院も、4月29日、5月3日~6日は、お休みさせていただきます。

さてさて、今回から、体幹トレーニング+エクササイズをテーマに行っていこうと思います。

まずは、その基盤となる

ドローインポジションです。

ドローインポジションは、以前動画にとった、「正しい姿勢の作り方」で紹介しましたが、今回は、詳細版をお伝えします。

「正しい姿勢の作り方」のブログ

①爪先立ちになり、お尻をしめて、そのまま踵をおろして踵に体重を乗せます。

②4秒かけて息を吸い、8秒かけて息を吐きながら、みぞおちからヘソ下にかけて、お腹を引っ込めるようにお腹を締めます。締まった状態を維持したままにします。

③再度4秒かけて息を吸い、息を止めます。息を止めたまま、顎を喉につけるように引き、喉が苦しくない程度に締めます。喉を締めた状態を維持しつつ、息を吐きながら、引いていた顎を緩めながら、顔を正面に向けます。

①②③の締めた状態を維持しつつ、呼吸は通常に戻します

④それ以外の場所は、力を抜く(脱力)

このドローインポジションを作りつつ、

体幹と股関節のひねりの運動をしていきましょう!

①腕を曲げて上げた状態で、片足に体重を乗せる。

②ドローインポジションから、息を勢いよく吐きながら、足を前に蹴り出すと同時に、上体を逆側にひねる。左右行う。

③次は吐く時に足を後ろに蹴ると同時に上体を逆側にひねる。これも左右行う。

ポイントとして、腰でひねらず胸椎(胸)と軸足側の股関節をひねるようにしてください

これらがスムーズにできるようになると、腰にかかる負担を減らすだけでなく、体自体が動かしやすく、ひねりやすくなるため、運動パフォーマンスが上がります!

10回づつを3セットやってみましょう!

体幹をかためるような筋トレばかり行うと、かえって体が動かしにくくなるので、しっかりと体幹を引き締めつつ、動きが作れるトレーニングを積極的に行っていきましょう!

次回もお楽しみに!