たいようのつぶやきたいようブログ

2022.03.02「関節水腫ってなんだ?」

2022.03.02「関節水腫ってなんだ?」

おはようございます!今日は水曜日ですね。
昨日は、長女が高校最後の登校日で、卒業式でした!
と、言っても、自分は卒業式に参加しなかったので、あんまり実感がわかないですね(笑

今日は、患者さんからよく質問をうける「膝に水が溜まる」について

膝に水がたまることを、僕たちは、「関節水腫」と呼んでいます。中には「関節水症」とも言うのですが、僕は使いません。

水は、膝の関節だけでなく、あらゆる関節に存在しており、どの関節でも炎症がおこれば水は溜まります

個人的には、やはり一番水が溜まりやすい場所は、「膝」ですね!

そして、次に足関節で見ることが多いです。

なぜ、水がたまるかと言うと、関節内に炎症が起こると水が溜まりやすくなります。

つまり、「水がたまる=膝の炎症」→「膝の炎症が治る=水は通常にもどる」と考えてもらったらいいと思います。

なので、水を抜くよりも、膝の炎症を取ることを優先すればOK

そのための、整骨院でもあります👍

水が溜まっているかどうかは、整形外科学テストでもわかりますが、当院ではさらに超音波エコーで観察します。

これでみれば、水が溜まっているかどうかは、一発でわかります✌️

我らの強い味方、超音波エコー観察装置ですね。

そして、治療を行いながら、関節の炎症をとり、関節の水も経過観察できます。

変形性膝関節症の骨棘も、確認できますからね!優れものです♪

膝が痛い・・・水が溜まっているのかな?とか心配な方は、ご来院ください

今日の予約状況

今日は、空きは少ないですが、朝一と12時30分が対応できます!お早めにご連絡ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました